公共料金をクレジットカードで支払うと多数のメリットが存在します。

【公共料金の支払い】クレジットカードを使えばメリットが沢山!

MENU

公共料金の支払い

 

公共料金をクレジットカードで支払う

 

私たちは日常生活の中であらゆるものを買う事で「人間らしい生活」を実現していますが、最近は買い物や支払いを現金ではなく「クレジットカード」で済ませる人が増加しつつあります。

 

クレジットカードはたった一枚持ち歩いているだけで手軽に買い物や支払いが出来るため、余計な現金を持ち歩くのが苦手な人にオススメの精算方法と言えます。

 

公共料金をクレジットカードで支払う

特に「公共料金の支払い」をクレジットカードで済ませる事で幾つかのメリットを得ることが出来ます。

 

公共料金の支払いについては一昔前まで自宅に届いた支払い明細書を銀行やコンビニへ持参し、現金で精算するというのが一般的でしたが、最近では手間の掛からないクレジットカードによる精算を選択する人が増えてきています。
クレジットカードで毎月掛かる電気代やガス代、水道代などを支払った場合、クレジットカード会社のポイントが溜まるというメリットがあります。

 

また、カードの利用明細書さえあれば簡単に支払いの管理を行うことが出来るという利点もあります。

 

公共料金で溜まるポイント

たとえば毎月の電気代が8000円、ガス代が4000円、水道代が6000円だとします。
公共料金の支払い合計金額は18000円になりますが、この金額をクレジットカードで支払う事によってほとんどのクレジットカード会社が実施しているポイントが毎月溜まることになります。

 

ここで溜まったポイントはお得な商品券に引き換える事が出来たり、キャッシュバックサービスを受けることが出来るので、年間を通して公共料金の支払いをカードで行うと得られるポイントはかなり違ってきます。

 

また、銀行やコンビニで公共料金の支払いを済ませた場合、支払いの履歴を管理するには領収書を保管しておく必要があります。
しかし、クレジットカードで公共料金の精算をすれば利用明細書を見るだけで簡単に支払った履歴や記録を確認する事が出来るというメリットがあるのです。