クレジットカードにおけるリボ払いの概要や注意点について解説していきます。

クレジットカードのリボ払いを上手に使う方法

MENU

リボ払いの罠

 

リボ払いの注意点

 

クレジットカードは一枚持ち歩いていれば現金を持ち歩く必要もありませんし、いつでも何処でも気軽に使えるので非常に便利なツールとして広く認知されています。また、最近では利用実績さえ積んでいれば利用限度額を簡単に引き上げることが出来るため、金額の大きな買い物をする際にクレジットカードを使用して分割払いリボ払いを選択する人も増えてきています。

 

確かに金額の大きなものを購入する際に多額の現金を持たずに買うことが出来るクレジットカードは便利にも思えますが、分割払いリボ払いを利用する際は幾つかの注意点を把握しておく必要があります。

 

もっとも注意しなければならないのは、買い物時にクレジットカードで精算して分割払いやリボ払いを選択した場合、「支払い回数が多ければ多いほど掛かる手数料が高くなる」という点です。

 

リボ払いでの注意点

特に「リボ払い」は自分で月々の支払い金額を設定できてしまうため、中にはリボ払いに潜む罠に陥ってしまう人も数多く存在しています。
通常、リボ払いはあらかじめ設定しておいた金額を毎月支払っていく方法になりますが、一括払いに比べると手数料や金利が掛かってくる分、「支払い総額が1.2~1.5倍」になってしまう事があります。

 

たとえば50万円の買い物をしてクレジットカードを使用し、毎月5万円のリボ払いを選択した場合は単純に考えると5万円×10回でおよそ「10ヶ月程度」で完済できるようにも思えます。しかし、リボ払いの場合は月々に支払う5万円の中から金利や手数料が引かれているので、実際に支払っている金額は5万円-(金利+手数料)という計算になります。

 

そのため、50万円の支払いを5万円のリボ払いで行ってしまうと完済までには10ヶ月どころか1年以上掛かってしまう場合もあるのです。

 

そのため、クレジットカードのリボ払いを利用する際にはなるべく金利や手数料を安く済ませるために「支払い金額を引き上げておく事」が大切です。
そうすれば支払い回数を少なくして金利や手数料を最小限に抑える事が出来ます。