一般のカードは年会費が1,250円ですが、初年度は年会費が無料となります。

DCカード-使い勝手がよいと言われる理由

MENU

DCカードの特徴

 

DCカード

 

DCカードは、三菱UFJニコス株式会社DCカードグループが発行するクレジットカードです。
昔からTVCMなどでお馴染みの知名度の高いクレジットカードですね。

 

DCカードはJCBやMAstercardのようにクレジットカードブランドの1つでもあるのですが、JCB、visa、Mastercardのような大手の国際ブランドと比べると、海外ではあまり適用されないところがネックですが、DCカードにはvisaやMastercardをつける事が出来るので、他のクレジットカードと変わらないくらい使い勝手のよいクレジットカードです。
DCカードの種類は全部で18種類ほどあり、そのほとんどが年会費がかかります。

 

DCカードの年会費

DCカードの一般のカードは年会費が1,250円ですが、初年度は年会費が無料で利用でき、「楽Pay」という登録型リボを登録する事で、年会費の半分を優遇してもらう事が出来ます。
また、家族カードを発行してもらう場合、1名に付き400円の年会費がかかります。

 

DCカードの特徴は、海外アシスタントサービスの「ハローデスク」を利用する事が出来、海外旅行先の情報やレストランの予約などを日本語で問い合わせる事が出来ます。

 

ETCカードを発行してもらう場合は、発行手数料が1,000円ほどかかります。
ポイントはショッピング枠の利用料金が1,000円ごとに1ポイント得る事が出来ます。しかし、リボ払いや3回以上の分割払いにすると通常の2倍のポイントを得る事ができます。
ただし、楽Payの利用分は2倍のポイントではありません。

 

人気の高いDCカードに、「DCカードJizile(ジザイル)」があります。
このカードはリボ払い専用のカードで、1,000円の利用金額ごとに3ポイント得る事が出来ます。また、海外旅行保険が最高1,000万円まで保証してもらう事ができます。